もっと身近なクラウドインテグレーターへ!!

導入事例

Case

株式会社美術出版ネットワークス様

img-case_test

お客様情報

会社名:株式会社美術出版ネットワークス
代表取締役社長:大下 健太郎
設立年月日:2008年10月1日
本社:〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町2番19号
資本金:30,000,000円
事業内容:インターネットメディア事業、デジタルコンテンツ事業、
     ソリューション事業、マーケティング事業、eコマース事業、出版事業
URL:http://www.bijutsu.co.jp/bnw/index.html

2010年、クリエイターネットワークとコンテンツクォリティに定評のある株式会社美術出版ネットワークス(以下、美術出版ネットワークス)では、 ビジネス領域の拡大に伴いファシリティ環境の見直しが急務でした。具体的には多様な利用形態とネットワーク構成の再設計・適切な移設作業。これらを満たし 実現したのは鈴与シンワートのS-Portデータセンターサービスでした。

採用サービス

  • S-Port東京第一センター
  • VMware laaS Vシリーズ

概要

2010年、クリエイターネットワークとコンテンツクォリティに定評のある株式会社美術出版ネットワークス(以下、美術出版ネットワークス)では、 ビジネス領域の拡大に伴いファシリティ環境の見直しが急務でした。具体的には多様な利用形態とネットワーク構成の再設計・適切な移設作業。これらを満たし 実現したのは鈴与シンワートのS-Portデータセンターサービスでした。

課題・背景

美術出版ネットワークスは豊富なコンテンツをインターネットと携帯ネットワークを通じて配信しており、ハウジングラックに自社保有サーバやホスティングサービス・クラウドサービスの利用など必要なファシリティも多岐に渡っていました。
また、用途に沿ったサービスの提供を受ける為にデータセンターが2箇所に分かれており、結果としてネットワークコストと運用負荷が増大してしまいました。 こうした多岐にわたるファシリティとネットワークを集約しコストと運用負荷の低減を実現する為、データセンターサービスの再検討が開始されました。

導入

これまで2社に分かれていたサービスを1社統合とする為、機器移設の手配からネットワーク設計支援までの全てを鈴与シンワートにてスケジュール化して実施。柔軟な対応と迅速なデリバリによって通常困難とされるセンターの集約と移設が行われました。

bsn_1  

 

導入後の効果

レンタルサービスとマネージドサービスを組み合わせることで、ネットワークの保守運用から解放されました。その結果データセンターへ入館する頻度も 減少し、社内リソースの有効活用とトータルコストの削減が実現しました。クラウドサービスのファイヤーウォールやロードバランサーの機能を利用することで 安定したサービス提供が実現できています。

鈴与シンワートでは柔軟にお客様のニーズに適合するご提案を心がけております。今後は更なるお客様のサービス拡充に対応すべく、安心してご利用いただけるサービス提供を目指してまいります。