導入事例

株式会社 朝日ビルディング様

株式会社 朝日ビルディング
経営管理部 
システムセクションサブマネジャー 髙橋 泰洋様

会 社 名:株式会社 朝日ビルディング
英   名:The Asahi Building Co., Ltd.
本社所在地:大阪市北区中之島2丁目3番18号
創   業:1929年8月3日
設   立:2018年10月1日
資 本 金:9,000万円
株   主:株式会社 朝日新聞社
代 表 者:代表取締役社長 宍道 学
従  業  員  数:104人
営  業  種  目:
(1)不動産の賃貸および管理
(2)劇場の経営
(3)不動産の売買・仲介
ホームページ:https://www.asahibuilding.co.jp
子会社:株式会社 宮本商行
株式会社 朝日エアポートサービス

~災害時の連絡網だけでなく、
日常業務のビジネスコミュニケーション効率化のために「TAGS」を活用~

採用サービス

  • ビジネスチャットサービス TAGS

お客様からのコメント

株式会社 朝日ビルディング 経営管理部 システムセクションサブマネジャー 髙橋泰洋様(以下、「髙橋氏」)よりTAGS採用についてのコメントを頂きました。 

ビジネスチャットサービス導入の背景

「当社はBCP対策の一つとして災害時の連絡手段用のPHSを所属長に配布しています。
しかしながら2018年6月に発生した大阪北部地震ではPHSを使用した緊急連絡が上手く機能しませんでした。一方で個人のチャット連絡はでき、それを利用した経緯があります。チャットの有効性を感じ、すぐにビジネスチャット導入の検討を始めました。

鈴与シンワートの「TAGS」について

「TAGS」採用のポイント
鈴与シンワートビジネスチャット・サービス「TAGS」の採用ポイントは3つあります。

・災害時でも平常時でも使いやすいシンプルなチャットであること
・ビジネス利用ができる高セキュリティのサービスであること
・運用コストが安いこと

「TAGS」導入について

Q:「TAGS」採用検討時に他のビジネスチャットを比較しましたか?

髙橋氏:親会社が別のビジネスチャットを使っているため、同じものを使用するという案もありました。他のビジネスチャットも見てみましたが、いろいろな機能がありすぎて、災害時などの緊急時には逆に使い勝手が悪くなるのではないか、シンプルな機能のほうが日常のビジネスチャットとしても普及しやすいのではないかと考えました。

Q:「TAGS」を実際に使ってみていかがでしたか?

髙橋氏:「TAGS」を検証しているときに大型台風や北海道胆振東部地震が発生しました。その時にも災害対応通信手段として機能しました。チャットは送付したメッセージが既読になったかどうかで、安否確認にも使えますので便利です。「TAGS」の場合、さらに誰が既読で誰が未読かも一目でわかるので、大変助かります。既読機能は通常のビジネスシーンでも非常に有益です。
また、夜中に施設のトラブルが発生した時など即座にチャットグループを作り、対象者へ一斉にメッセージ配信ができるなど、使い勝手も非常に良いです。
日常のビジネスユースでも、「あの人誰だっけ?肩書教えてほしい」とか、「先週の数値どんな感じですか?」など、ちょっとしたことを確認したいシーンはたくさんあります。
そのような時も電話で相手の時間を占有したり、メールして返信を待つこともなく、気軽に確認できるところが非常に役立ちます。「TAGS」は日常からビジネス利用しているので、いざ緊急時に使い方がわからないということもありません。

Q:「TAGS」の導入はスムーズでしたか?

髙橋氏:鈴与シンワートの対応は丁寧且つ迅速でスムーズでした。社員に対しての説明会などは開催せず、資料を配布しただけですが、特に資料を読みこまなくても簡単に操作できているようです。グループ作りなどはユーザに任せています。「TAGS」の良いところは途中からグループに参加しても、その前の履歴を確認できること。この機能はビジネス的には必要不可欠だと思いますが、対応していないビジネスチャットサービスも意外と多いようです。
ビジネスチャットは、沢山使って慣れてもらうことが肝要ですので、使い方の制限や、特別なガイドラインなどは設けず、自発的に運営するスタイルにしています。結果、「TAGS」は短期間で社内に定着しました。これも「TAGS」がシンプルで使いやすいことと、社員の自主性に任せて運営しているスタイルが良かったからだと考えています。