もっと身近なクラウドインテグレーターへ!!

導入事例

Case

株式会社シンクパワー様

株式会社シンクパワー
CTO兼事業戦略担当 佐藤 創様

お客様情報

会社名:株式会社シンクパワー(SyncPower Corporation)
住所:東京都千代田区麹町4-2-6 第2泉商事ビル3F
設立:2006年5月9日
資本金:269百万円
代表取締役社長:冨田雅和
事業内容:「音楽のあるところに、いつも歌詞を」をテーマに、単なる歌詞検索にとどまらず、音楽に同期する歌詞のサービスをPC、ケータイ、スマートフォン、”ウォークマン”で展開中。あらゆる音楽再生可能なデバイスに、シンクパワーの歌詞が表示されることを目指しています。
コーポレートサイト:http://www.syncpower.jp/
歌詞投稿コミュニティプチリリ(r):http://petitlyrics.com/
問合せ先:info@syncpower.jp

株式会社シンクパワーが提供している、月間数億件の歌詞を配信する同期歌詞配信サービス「プチリリ®」のインフラにS-Port Cloud V2シリーズが採用され、本格稼働しました。

採用サービス

  • VMware laaS Vシリーズ

導入の背景

株式会社シンクパワー CTO兼事業戦略担当 佐藤 創 氏より、S-Port導入の背景について「以前使用していたクラウドサービスは、回線が不安定で接続が切れたこともありました。また障害時に電話等の緊急対応がとれず、歯がゆい思いをしたこともありました。そこで移転先を探しているときに、鈴与シンワートの営業マンから連絡があり、提案を受けました。 複数社を検討しましたが、コスト面、サービス品質、システムパフォーマンスの点で他社より高い評価でした。一番の採用理由は営業マンと技術者の対応です。鈴与シンワートの技術者から直接24時間365日のサポートを受けられることがとても魅力です。」とのコメントを頂いています。

導入のポイント

S-Port Cloud V2シリーズご導入のポイントは以下の通りです。

•24時間365日のサポート対応
•以前ご利用のクラウドサービスより10%ほどパフォーマンスが改善
•迅速にサーバ台数を増やせる

お客様からのコメント

Q1:サービスの説明を初めて聞いた時の印象をお教えください。
営業マンの対応が正直に話をしていただけるので誠実な印象を持ちました。鈴与シンワートはインフラ基盤を自社所有しているので、データセンター環境を自社で直接管理できる点に安心感を覚えました。営業マンや技術者の対応の迅速さと柔軟な対応が期待できるサービスという印象を持ちました。

Q2:S-Portを採用されていかがでしたでしょうか?
現在、月間数億件の配信を行っていますが、サービスが途切れることなく使用出来ており、ピークタイム時でも速度低下がみられなく、サービスの品質の高さを感じています。導入当時は35台のサーバで運営を開始しましたが、その後39サーバに拡張しました。その時も迅速な対応を頂き、スムーズなサーバ拡張を実現できています。

Q3:導入はスムーズでしたでしょうか?

当初は移行期間として2か月を見込んでいましたが、既存システムとの並行期間を含み、移行がスムーズに進み1.5か月で済みました。鈴与シンワートの技術者の対応が正確かつ迅速で全体的にスムーズ移行作業ができたと考えます。