S-Portデータセンターサービス

東京第二センター

S-Port東京第二センターの特長東京第二センターは、都内ターミナル駅から徒歩2分の場所。
災害時に交通機関が止まっても、都心から歩いて行ける距離にあります。
また、高密度ブレード型サーバ利用にも適した設備が充実した最新型データセンターです。

特長1

ブレード型サーバにも対応可能な設備設計

高密度ブレード型サーバ利用にも適した設備が充実

  1. 電力
    ラックあたり4kVA、6kVAから選択可能
    ご相談により6kVA以上の電力も対応可
  2. 耐荷重
    1平方メートルあたり1,000キログラムに耐えられる設計
特長2

安定した電源供給

電源供給は2つの変電所から別々の受電系統を確保

特長3

災害リスクの軽減

建物構造・免震設備

ビル自体は制震構造、データセンターフロアはフロア免震
ビルへの制震構造・データセンターフロアの二次免震装置で二重の耐震対策

二次免震装置

※表層地盤のゆれやすさ(計測震度増分)
東京都発行の資料によると計測震度増分は0.8~1.0で特にゆれやすい地域ではありません

二次免震装置

二次免震装置

立地の安全性

水害の可能性

海:約5~6km/ダム:なし/河川:約2km

河川氾濫の可能性

浸水規模は0.2m未満の為、特に問題なし(ハザードマップより)

震災の可能性

PISCO「Precursory quake-Information System by Citizen’s Observation on Web」(住民観察による地震危険予知情報システム)の情報から周辺に活断層は存在せず

  • 表層地盤の揺れやすさ
    計測震度増分0.8~1.0の為、特に揺れやすい地域に該当せず(東京都発行資料より)
  • 航空機事故の危険性
    空港まで10km以上離れ滑走路の延長線上ではなく、航空機事故発生の可能性は低い
  • 危険物取扱施設の隣接
    ガソリンスタンドまで500m以上の距離あり
  • 隣接ビルまでの距離
    隣接から3m以上離隔(不審者侵入経路の可能性有無)
    (総合受付入口:フラッパーゲート、DC区画:ICカードによる施錠等で不審者の立入は不可)
特長4

高度なセキュリティ体制

中央監視室内部にはデータセンターフロア入室用のサークルゲート(共連れ防止)と生体認証装置が設置され、厳重な入退室管理を実現
通常電源、非常用電源、空調設備、温湿度計測、火災監視、漏水監視、監視カメラなども中央監視室で一元管理

監視カメラ

サークルゲート

生体認証装置

S-Port東京第ニセンターの設備

対象項目 設備内容
基本構造 制震構造
免震設備 DCエリア部分2次免震装置
ラック電源(標準) 100V20A×2
電源設備 2系統異変電所受電
消火設備 窒素ガス
床面耐荷重 1,000kg/m2
自家発電 連続稼働40時間
海抜 3.5m(国土地理院)

拠点一覧日本中に広がるS-PortのDC拠点

東京第一センター

東京都市部から各公共機関でのアクセス可能。SRC耐震構造(鉄骨鉄筋コンクリート構造)※新耐震基準適合自家発電2台、無停電電源装置冗長

東京第二センター

「超」都心型データセンター、ブレード型サーバーにも対応可能な設備設計、最高レベルのセキュリティー

埼玉センター

東京都心部から30分圏内、非常用発電機・空調消火設備セキュリティ(入退室管理・監視カメラ)完備

北陸センター

耐震性能は最高のSグレード、電源設備ティア3レベル、6段階のセキュリティレベル

大阪センター

大阪中心部より30分圏内、非常用発電機・空調消火設備・セキュリティ(入退室管理・監視カメラ)完備

九州センター

警固断層から2.0km以上、原子力発電所から50km以上に位置。震度7に耐え得る設計の免震構造ビル、5段階の強固なセキュリティレベル

沖縄センター

沖縄県の中でも地盤が安定している北部地域に位置、免震(震度6強対応)、400KVA×2台 並列冗長システム(1台予備)、入退館管理システム、24時間365日常駐警備