S-Portデータセンターサービス

北陸センター

S-Port北陸センターの特長

3大都市圏からほぼ等距離の立地条件に加え、強固なファシリティ・災害対策設備により高度なDRが実現可能です。
セキュリティ対策も万全。お客様のBPO対策にぜひご活用ください。

低い災害リスク

地震対策

ビル本体の揺れを免ずる「基礎免震構造」の採用
M7.2の地震を想定し、5種類の免震装置を組合せて揺れを軽減

地震対策

雷対策

北陸特有の「冬季雷(ブリ起こし)」にも十分耐えられる雷対策

  • 直撃雷からの保護
    最高の「保護レベルI」(最大電流200kA)
  • 誘導雷からの保護
    統合接地システムによる等電位化/雷サージ保護装置の設置
雷対策

耐震性能は最高のSグレード

耐震性能は最高のSグレード
特長
1

安定した電源供給

高信頼の電源設備(ティア3レベル)

異なる変電所からの高圧を本線・予備線方式で受電
非常用発電機・UPSは N+1構成(必要台数+予備機)
非常用発電機は、定期的に実負荷運転試験を実施

高信頼の電源設備(ティア3レベル)

主要設備の基準対応レベル

分類評価項目設備状況ティア対応レベル
電気設備受電回線の冗長性複数回線4
電気設備自家発電の冗長性N+14
電気設備UPS設備の冗長性N+13
空調設備熱源・空調機器の冗長性N+13
※ N+1とは
N+1冗長は、動作に必要な数に加えて1台余分に用意しておくことで、故障によるシステム停止を防止する仕組みです。

メインセンターとバックアップセンターを異なる電源周波数地域(50Hz/60Hz)
で構成することで非常時の電力使用制限のリスクを低減

日本の電気の周波数
特長
2

6段階セキュリティ

6段階のセキュリティレベルで領域を区分

  • 道路境界線、敷地境界線沿いに高さ2mのフェンス
  • 24時間365日の有人体制
  • 敷地内、レベル間に設置した扉の出入りをカメラ監視
  • レベル3以降は非接触式ICカード認証、最上位のレベル6は指透過式の指紋認証
6段階セキュリティー
特長
3

その他の特長

高効率空調方式の採用

  • 床下吹出し・ラック前面吸気/ラック背面排気・天井リターン方式
  • 空調設備は N+1構成(必要台数+予備機)
高効率空調方式の採用

認証、総合施設基準の準拠状況

  • 2000年2月 プライバシーマーク(JIS Q15001)
  • 2004年5月 ISMS(ISO/IEC 27001、JIS Q 27001)
  • 米Uptime Institute TierⅢに相当
  • 日本データセンター協会(JDCC)ティア3に相当
  • FISC(金融情報システムセンター)安全対策基準 第8版(追補改訂版)設備基準に準拠(自主評価)
特長
4

拠点一覧

日本中に広がるS-PortのDC拠点

東京

東京第一センター

東京2

東京第二センター

大阪

大阪センター

沖縄

沖縄センター

九州

九州センター

北陸

北陸センター

東京第一センター

都心から公共交通機関でのアクセスが可能。SRC耐震構造(鉄骨鉄筋コンクリート構造)※新耐震基準適合自家発電2台、無停電電源装置冗長

東京第二センター

「超」都心型データセンター、ブレード型サーバにも対応可能な設備設計、最高レベルのセキュリティ

北陸センター

耐震性能は最高のSグレード、電源設備はティア3レベル、6段階の強固なセキュリティレベル

大阪センター

大阪中心部より30分圏内、非常用発電機・空調消火設備・セキュリティ(入退室管理・監視カメラ)完備

九州センター

警固断層から2.0km以上、原子力発電所から50km以上に位置。震度7に耐え得る設計の免震構造ビル、5段階の強固なセキュリティレベル

沖縄センター

沖縄県の中でも地盤が安定している北部地域に開設、免震(震度6強対応)、400KVA×2台 並列冗長システム(1台予備)、入退館管理システム、24時間365日常駐警備