S-Portデータセンターサービス

東京第一センター

S-Port東京第一センターの特長

東京第一センターは、地域危険度特性評価AAAのエリアに所在し、大型自家発電機と潤沢な燃料備蓄による電力供給の信頼性、先進のセキュリティシステムを装備しています

安全性の高い電源仕様

事業継続性をしっかり確保

2系統特別高圧(22,000V)受電、n+1冗長構成の無停電電源装置。非常用発電設備を持ち、約48時間稼動が可能な燃料を備蓄しています。

大型発電設備を完備
大型発電設備を完備
非常時の鈴与グループからの給油実績もあり
非常時に鈴与グループからの給油実績があります
特長
1

集積率と熱効率

効率的な冷却システム

ラックは46Uサイズを提供、1ラックあたり6KVA超の電力供給が可能。

ラック前面(コールドアイル)
ラック前面(コールドアイル)
ラック背面(ホットアイル)
ラック背面(ホットアイル)
tokyo-merit2_img3
サーバルーム

ラック仕様

EIA規格19インチラック
700mm
奥行1000mm
高さ46U
耐震耐荷重500kg
許容耐荷重1000kg
提供電源4KVAの場合:100V20A×2(シングル構成)
6KVAの場合:100V30A×2(シングル構成)
※6KVA以上も提供可能
※冗長構成での提供可能
※200V電源も提供可能
利用可能電気量上限提供電源の80%を目安
※お客様の用途により調整可能
コンセントバー12個口/本
コンセント形状NEMA 5-15P
その他付属品棚板3枚つき
冷却方法床下吹上式
ホットアイル/コールドアイル
最低契約期間1年間
特長
2

地震対策設備

ビル構造

新耐震基準に適合した地震や災害に極めて強い構造です。

建物仕様
ロケーション東京都23区
建築構造SRC耐震構造(鉄骨鉄筋コンクリート造)
新耐震基準適合
天井高4,900mm
フリーアクセス床高:600mm
床耐荷重1,500kg/㎡
エレベーター(2基)大:耐荷重1.6t(24人乗) 扉高2.6m 中2.8m
小:耐荷重0.75t(11人乗)
最大収容可能ラック数約800ラック

防災設備

不活性ガス(アルゴナイトガス)消火設備、超高感度煙・熱感知センサー、漏水センサーを完備しています。

電源設備
受電方法22,000Vの特別高圧受電
最寄りの変電所より本線/予備線の2系統受電
自家発電設備ガスタービン発電機 4,000KVA×2台
約48時間の電源供給が可能
無停電電源装置UPS 500KVA ×7台+1台(N+1冗長構成)
3,500KVAの負荷に対して10分間の電源供給
空調設備
空調方式N+1冗長構成
防災設備
消火設備不活性ガス(アルゴナイトガス)消火設備
超高感度煙・熱感知センサー
防水設備漏水センサー
特長
3

立地と安全性

地震・水害に対応

地域危険度特性評価AAA、想定津波高50cmに対し、海抜7.7mに立地した、極めて災害に強い堅牢なデータセンターです。

地域危険度AAA(危険度特性の最高評価)

危険度特性評価“AAA”
総合危険度:1、建物倒壊危険度:1、火災危険度:1、避難危険度:1

液状化発生が少ない地域

東京都都市整備局(第5回地域危険度測定調査結果)

東京都土木技術センター(液状化予測図)

地盤、支持層(大規模構造物の地盤としては良質とされる)

支持杭を支持層に固定

特長
4

セキュリティ仕様

電子錠、入退室管理

有人受付と、非接触ICカード、生体認証による入退室管理で、情報の漏洩をシャットアウト。
またITVカメラによる監視も常時行っています。

中央監視装置による集中監視

監視室で24時間365日の有人監視を実施。安全性だけでなく、効率的な運用を実現しています。

有人受付
有人受付
非接触ICカードによる入退管理
非接触ICカードによる入退管理
顔認証による入退管理
顔認証による入退管理
ITVカメラによる監視
ITVカメラによる監視
特長
5

S-Port東京第一センターの設備

付帯設備
共有スペース休憩室、喫煙室、給湯室
レンタルスペース(無償)応接室、会議室、作業ルーム
レンタルスペース(有償)レンタル事務所
駐車場あり(無償)
主な貸出備品工具、台車(150kg/300kg)、モニタ/マウス/キーボード、脚立、机/椅子 など

オプションサービス

主なオプション
リモートハンド定期的なLED監視等
バックアップメディア交換耐火金庫メディア保管
電流監視死活監視(Ping)
リソース監視(CPU/メモリ/ディスク等)ジョブ監視
ログ監視プロセス監視
月次性能レポート手順書ベースのオペレーション
インターネット接続サービス
インターネット接続サービス1G/100M、共有/占有等
※構内配線通信回線を利用する場合は通信設備室よりご契約ラックまでの構内配線利用料がかかります。
※キャリアフリーNTT/KDDI/Softbankなど
その他
機器運搬4tエアサス車、2tエアサス車、ワゴン車、梱包/搬入出/開梱/機器取付(アンマウント~運搬~マウント・試験等)

資料ダウンロード

拠点一覧

日本中に広がるS-PortのDC拠点

東京

東京第一センター

東京2

東京第二センター

大阪

大阪センター

沖縄

沖縄センター

九州

九州センター

北陸

北陸センター

東京第一センター

都心から公共交通機関でのアクセスが可能。SRC耐震構造(鉄骨鉄筋コンクリート構造)※新耐震基準適合自家発電2台、無停電電源装置冗長

東京第二センター

「超」都心型データセンター、ブレード型サーバにも対応可能な設備設計、最高レベルのセキュリティ

北陸センター

耐震性能は最高のSグレード、電源設備はティア3レベル、6段階の強固なセキュリティレベル

大阪センター

大阪中心部より30分圏内、非常用発電機・空調消火設備・セキュリティ(入退室管理・監視カメラ)完備

九州センター

警固断層から2.0km以上、原子力発電所から50km以上に位置。震度7に耐え得る設計の免震構造ビル、5段階の強固なセキュリティレベル

沖縄センター

沖縄県の中でも地盤が安定している北部地域に開設、免震(震度6強対応)、400KVA×2台 並列冗長システム(1台予備)、入退館管理システム、24時間365日常駐警備