導入事例

アセットインベントリー株式会社様

株式会社アセットオール
(アセットインベントリー関連会社)
取締役 洞 智也 様

■お客様会社概要(2018年3月26日現在)

会 社 名   アセットインベントリー株式会社
所 在 地   〒277-0841 千葉県柏市あけぼの4-3-23 パーソナルI 1F
設   立   1990年12月6日
資 本 金   100,000,000円
取 締 役   代表取締役 洞 定治
従 業 員 数   約800名
Webサイト   http://www.asset-inventory.co.jp/
事 業 内 容   人手を要するデータギャザリングと情報処理
        ★棚卸代行事業を含むリテールサポートサービス
        ★データ入力及び情報処理事業
        ★テレマーケティング事業

~棚卸事業のプロフェッショナル集団、アセットインベントリーが
テレビ会議サービス「S-Port Cloud T Series」を採用~

採用サービス

  • S-Port Cloud T Series

概要

アセットインベントリー株式会社は25年以上の小売向け棚卸実績とノウハウを持つ、棚卸事業のプロフェッショナル集団です。同社は社内コミュニケーションの効率化を図るため、テレビ会議サービス「S-Port Cloud T Series」を採用しました。

導入の背景

株式会社アセットオール(アセットインベントリー関連会社)取締役 洞智也様のコメント 

「2年前から社内のコミュニケーション効率の強化のために、様々なテレビ会議システムやビデオ会議システムのリプレースを検討していました。但し、検討対象としたシステムはいずれも弊社のIT基盤環境との相性が悪く、動作しないものやOSの再インストールをしなければいけないシステムもありました。そうこうしているうちに、1年前に既存のテレビ会議システムが故障をし、いよいよ本格的にリプレースをしなければいけない状況になりました。また、当時のテレビ会議システムは解像度があまり良くないため、例えばExcelの表も詳細が確認できない状況でした。そのような検討を進めている時、イベント会場で鈴与シンワート株式会社が提供するテレビ会議サービス「S-Port Cloud T Series」のデモンストレーションを拝見しました。当日説明頂いた同社の営業担当が、後日、サービス対応機器の提案から、設定・テストまで丁寧且つ迅速に対応してくださり、かつ、当社の要件をほぼ満たしていたため、当社の新しいテレビ会議システムとして「S-Port Cloud T Series」を採用しました。」

導入のポイント

テレビ会議サービス「S-Port Cloud T Series」の採用のポイントは以下の3点です。

・テレビ会議システムの運用コストが1/4に圧縮できたこと
・自席から、双方向で資料共有やリモートデスクトップの活用ができるテレビ会議を実現できたこと
・臨場感あふれるテレビ会議が実現できたこと

鈴与シンワート株式会社が提供するテレビ会議サービス「S-Port Cloud T Series」につきまして、アセットインベントリー株式会社 営業部推進部 部長 岸本安生様よりコメントをいただきました。

Q:貴社にとって「S-Port Cloud T Series」の良い点とは

「いつでもどこでもすぐに使えることです。テレビ会議システムはカメラやマイクとの相性によって、会議の臨場感を大きく左右します。鈴与シンワートの営業担当は当社の要件を的確に捉え、サービスにベストマッチする機器の提案をしてくださいました。その結果、臨場感あふれる理想的なテレビ会議システムを構築することができました。また、「S-Port Cloud T Series」はPC上の動作が軽いため、同時に別の作業をしたり、複数の会議を同時開催してもストレスなく使えることも良い点です。」

Q:導入作業の様子を教えて下さい

「サービスと機器の相性が良かったため、導入もスムースで、アプリケーションのインストール方法を各拠点へメールで伝えただけですぐに全拠点で使うことができました。」

アセットインベントリー株式会社 営業推進部 部長  岸本安生様

Q:導入効果はありましたか

「導入前は、当社の全拠点にテレビ会議システムが無く、会議参加者はテレビ会議システムが設置されている主要拠点に行かなければならかったため、移動によるコストと時間を費やしておりました。導入後は各自の席にあるPCから参加できるため、例えば全地区長会議など全拠点に参加者がいる会議のコストが約1/4に削減され、大きな経済的効果を得ることができました。

また、S-Port Cloud T Seriesは社内のLAN経由でテレビ会議ができるため、6回線の専用回線が不要になり、そこでも大きな効果を得られました。

また、以前のテレビ会議システムは双方向で資料を共有する機能や、リモートデスクトップの機能などが無く、例えばリモートでソフトウェアなどの操作の方法を伝えることができませんでした。しかし、導入後はこれらの機能が使えるようになったため、テレビ会議サービスだけで遂行できる業務の幅が広がり、大きな効率化につながりました。」

Q:鈴与シンワートの印象はいかがでしょうか

「末長くお付き合いできる安心感があります。約半年間の導入検討期間においても、検証機器の選定などご支援いただき、非常にありがたく思いました。当初、イベント会場で説明していただいたとおりにサービスが動作し、また不明点に関しましても迅速かつ丁寧にご対応いただき、本当に頼りにしております。」