導入事例

株式会社インタークエスト 様

株式会社インタークエスト
取締役 水野 裕仁様

商号:株式会社インタークエスト[ Inter Quest Co.,Ltd. ]

代表取締役会長:平野 文康
代表取締役社長:岩松 教雄

本社:〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-1-12カネセ中央ビル 8階

TEL:06-6120-1320(代)

FAX:06-6120-1303

設立:1995年8月29日

資本金:80,646,470円

従業員数:80名(2019年7月現在)

事業内容:

1.Webサイト構築、Webシステム・サービスの開発・提供

2.システム受託開発

3.サーバサービスの提供

リザエン製品(https://www.riza-en.jp/

Webシステム開発のエキスパート、株式会社インタークエストが
『リザエン for コロナワクチン接種予約』提供のため
鈴与シンワートのS-Portベアメタルサーバを導入しました。

採用サービス

  • S-Portベアメタルサーバ

Webシステム開発のエキスパート、株式会社インタークエストが、『リザエン for コロナワクチン接種予約』提供のため、鈴与シンワートのS-Portベアメタルサーバを導入し、2021年2月から稼働を開始しました。
株式会社インタークエスト 取締役 水野 裕仁様、技術部 ネットワーク開発チーム リーダー 菅野 敦雄様にS-Portベアメタルサーバの導入についてお話をお伺いしました。

 

Q.1 S-Portベアメタルサーバ導入の背景を教えてください。

今回依頼した案件は、弊社が提供する自治体向けのコロナワクチン接種予約システムのサーバとネットワークのシステム基盤でした。
『リザエン for コロナワクチン接種予約』とは、国及び自治体がコロナワクチンの集団接種業務の事前予約を対象者が行うために、弊社のリザエン(https://www.riza-en.jp/)という予約システムをワクチン接種業務用にカスタマイズしたシステムです。
ワクチン接種の受付開始時間直後にアクセスが集中するため、潤沢なサーバリソースはもちろん、アクセス状況に合わせてリアルタイムでサーバ構成の変更やリソースのコントロールができる環境が必要でした。

Q.2  S-Portベアメタルサーバを採用したポイントを教えてください。

潤沢なサーバリソースとそれをコントロールする環境として、ご提案いただいたのが、ベアメタルサーバとそこに構築する仮想環境、すなわちプライベートクラウドです。ロードバランサーも同時にご提案いただきました。鈴与シンワートの提案は弊社が容易に、アクセスサーバやそのリソースの振り分けが可能な構成でした。他社のサービスも検討しましたが、サーバリソースを弊社でリアルタイムに容易にコントロールできること、追加のリソース等を迅速に手配できることが今回の採用の決め手となりました。

Q.3 導入効果はありましたか?

今までもアクセスが集中する予約システムの構築をしたことがありますが、ここまで急激にアクセス集中し、リアルタイムでリソースのコントロールが必要な予約システムは初めてでした。
今回ご提案、ご提供いただいた環境は、非常に強靭な環境で35以上の自治体、240万人以上をカバーする予約サイトの構築を実現するものでした。
例えば地域・年代により予約対象者が多いと見込まれる場合には、その受付開始時に急激なアクセス集中が予想されるため、予約開始前にサーバリソースを分離することで、他の自治体への影響を完全に遮断することができました。

Q.4 鈴与シンワートへの評価を教えてください。

ご担当いただいた営業の方、技術担当の方の対応は非常にスピーディーで、弊社のシステムを安心してお任せすることができました。
大規模な自治体の追加案件が発生した際にも、追加の基盤リソースを迅速に手配いただけたため、弊社はその追加案件を無事に受注することができました。
また運用面では、電話などで技術担当の方が直接質問に応じてくれるので、急な課題が発生してもすぐに解決することができて、非常に助かっています。

Q.5 今後、鈴与シンワートへ期待することは?

クラウド製品、セキュリティ製品は日々目まぐるしく進化していますが、それらを即時に取り入れ、ご提案いただいているので、弊社のお客様へも常に高い付加価値を提供できております。
今後は、コンテナ技術を使った仮想化のプラットフォームや、クラウドサービス上の実行環境などのサービス提供を期待しております。

 

株式会社インタークエスト 取締役 水野 裕仁様