OpenStack海外動向コラム

著:野田貴子氏

次世代コントリビューターをオープンインフラストラクチャーへ導くには第24回 18年11月更新

こんにちはー。野田貴子です。今月も海外のOpenStackコラムを意訳してご紹介します。ご参考いただければ幸いです。

#

オープンソースは、新鮮な才能と多様な視点を備えた新しいコントリビューターの人々が継続的に参入してくれることによって成長します。メンターシッププログラムはこのような次世代のコントリビューターを刺激する重要な機会であり、このプログラムによって彼らはより経験豊かになり、コミュニティへ貢献できるようになります。OpenStackコミュニティのためのメンタリングプログラムの数と種類の多さは印象的です。どの時点でコミュニティへ参入するのかに関わらず、新規参入者のさまざまな時間やリソースの制約に合わせたニーズに対応できるようになっています。

バンクーバーサミットのメンタリングセッションの参加者のみなさん

 

これらのプログラムの1つであるSpeed Mentoring Workshopは、オースティンサミットでWomen of OpenStackによって立ち上げられて以来、サミットの主力となっています。 通常このワークショップは各カンファレンスに先駆けて開催されますので、初心者にとってはサミット週間のちょうど良い始まり方となっており、メンターにとっては短時間で「ペイフォワード」する機会になります。 このワークショップは、キャリア、コミュニティ、テクニカルのトラックを横断して15分間ごとのローテーションで複数回行われますので、コミュニティの新規参加者や、あるいはより大規模なOpenStackコミュニティのチームやグループの新メンバーに幅広く対応できます。

 

参加方法

私たちはベルリンのOpenStackサミットを楽しみにしており、サミットでメンターやメンティーのみなさんと一緒にワークショップを開催することを心待ちにしています。 このスピードメンタリングワークショップは、自らの時間、知識、専門技術を気前良くふるってくれる一流のメンターの方々や、袖をまくり上げ活気に満ちたOpenStackコミュニティに貢献してくれる熱心なメンティーの方々が豊富にいなければ成り立ちません。 ぜひ私たちと一緒に参加しましょう。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

**OpenStack Summit Berlin** 
**スピードメンタリングランチ** 
**11月13日(火) 12:30 – 13:40** 
**Hall 7, Level 1, Room 7.1b / London 1**

詳細は以下をご覧ください。
https://www.openstack.org/summit/berlin-2018/summit-schedule/events/22873/speed-mentoring-lunch

 

このプログラムについての評判

> このスピードメンタリングセッションでは、セッションの終了時間を大幅に超えても質問に答えてくれる人々と接することができます。

メンティーのEll Marquez氏

 

> 健全なコミュニティはメンバーのおかげで成り立つので、スピードメンタリングセッションでは積極的に進取の気性に富んだチームプレーや将来のリーダーたちを育てています。このことはまた、健全なコミュニティを構築するにはどうしたら良いか、という、他者に対する私の責任を思い出させてくます。

オープンソースアドボケートのArmstrong Foundjem氏

 

> 長年の経験から学んだ知恵を引き継ぐことは、このスピードメンタリングイベントの重要なポイントです。 そして、メンターとメンティーの双方が、オープンソースの知識を継続して維持することでメリットを得ることができます。

Linux FoundationのComcast Open Source Practice & Board DirectorのシニアディレクターであるNithya Ruff氏

 

> メンターとして参加している人々の幅広さは、次世代のStackerがコミュニティの仲間であると実感できるように手助けしているStacker仲間の関心の高さを映し出しています。OpenStackサミットで提供されるメンタリングプロセスはユーザーフレンドリーです。仲間の成長のためにツールや技術、人間関係を紹介し、彼らが持つ才能を最大限に活用するために適切なプロジェクトやSIG、あるいはコミュニティを見つける手助けをしてくれます。

OpenStack Scientific Special Interest Groupの共同チーフ、Data Machines CorpのChief Scientific OfficerであるMartial Michel博士

 

> 昨年、韓国のユーザーグループの元リーダーであったNalee Jang氏が、ボストンサミット2017でWomen-of-OpenStackのイベントに出席するようにと私に案内してくれました。彼女のおかげで私はいま韓国のユーザーグループのリーダーとして順調にやっています。 多様性が私のコミュニティーでのキャリアにどのように影響しているのか、そしてInternationalization チーム(これもまた別の多様性ですね)のようなOpenStackプロジェクトにどうやってもっと関わっていくのかを共有することは素晴らしいことでした。

メンターのIan Y. Choi氏

 

興味がある方は是非ご参加ください。

※本コラムは以下の文章を意訳したものです。

引用元 
http://superuser.openstack.org/articles/inspiring-the-next-generation-of-contributors-to-open-infrastructure/

※本コラムは原文執筆者が公式に発表しているものでなく、翻訳者が独自に意訳しているものです。