S-Port活用コラム

著:吉政忠志氏

パブリッククラウド並みの価格でプライベートクラウド並みのカスタマイズ第14回 14年11月更新

こんにちは、鈴与シンワートでマーケティングアドバイザーをしている吉政忠志と申します。

9月8日にIDC JAPANよりクラウドの市場データが発表されました。クラウド市場は2013~2018年の年平均成長率(CAGR)がサーバ出荷台数で8.8%、出荷額で11.8%になる見込みだそうです。相変わらずクラウド市場は高成長が予測されています。この資料で私が気になったのは、プライベートクラウドの市場の成長です。昔私が想像していた以上にプライベートクラウドのニーズが高まるようです。

2013年の国内クラウド向けサーバの出荷台数内訳は、プライベートクラウド向けが27.1%、パブリッククラウド向けが72.9%でした。一方で2018年のサーバの出荷台数内訳は、プライベートクラウド向けが38.6%、パブリッククラウド向けが61.4%となり、クラウド全体の市場杯が大きくなるのに加えて、シェアも大きく伸ばします。また、出荷額はプライベートクラウド向けが76.2%、パブリッククラウド向けの出荷額が23.8%と予測されています。プライベートクラウドが市場サーバ台数、出荷額ともに大きく伸ばすのが今後の5年間になります。

 これは従来オンプレミスで構築していたサーバがクラウド環境で構築され、企業ユーザ市場がけん引し、プライベートクラウド市場が伸びるということを意味します。考えてみれば当たり前で、今までオンプレミスで作っていたシステムをパブリッククラウドに置き換えれば、個別対応がない標準的なサービスを利用するケースが多くなるため、ユーザ視点から見ればサービスがデグレードしたイメージになります。ユーザの要望としては現状より機能をデグレードせずに安く便利に使いたいという思いがありますので、プライベートクラウドではなく、企業ユーザはパブリッククラウドを選んでいくのだと思います。

このコラムを掲載いただいている鈴与シンワートでは、S-Port Cloud Vシリーズがパブリッククラウド並みの価格でプライベートクラウドのカスタマイズ性を実現しています。興味がある方は、是非以下のページをご覧ください。
https://s-port.shinwart.com/service/cloud/v_series/
最後に、S-Port Cloud Vシリーズがパブリッククラウド並みの価格でプライベートクラウドのカスタマイズ性を実現されていることを評価いただいた事例をご紹介いたします。

株式会社メディアサーキット様
株式会社メディアサーキット様はクラウドサービスのカスタマイズ対応と、迅速な営業・技術対応を評価いただき、国内大手企業のキャンペーンサイトや人気のスマホアプリの運営環境としてS-Portをご活用いただいています。

株式会社メディアサーキット 代表取締役 倉持 隆 氏より、S-Port採用理由について「以前は他社のIDCを利用していました。サーバの耐用年数に近づいたこととOSのアップデート時期が重なり、リプレイスを検討していたタイミングでした。そのような時に鈴与シンワートからお電話を頂き、ご提案を受けることになりました。ちょうど2014年中に新しい環境に移行をしようと考えていたのでタイミングも良かったです。以前の環境では特に大きな不満もなく、しいて言うなら運用コストの圧縮が課題でした。検討当時は複数の会社からご提案を頂きましたが、コスト面と営業の対応の迅速さを評価し、鈴与シンワートのS-Port を採用しました。」とのコメントを頂いています。

興味がある方は以下のページにメディアサーキット様の事例詳細がありますので、是非ご参考ください。
https://s-port.shinwart.com/case/mediacircuit/
###
鈴与シンワートではS-PortのFacebookページも運営しています。
Facebookのアカウントをお持ちの方は是非以下のFacebookページもチェックください。
https://www.facebook.com/sport.shinwart