2015年03月05日 [ お知らせ ]

きもの(着物)のさが美が、S-Port Cloud C シリーズ(CMSクラウドサービス)を採用し、年間数百万円の運用コストを削減

きもの(着物)のさが美が、S-Port Cloud C シリーズ(CMSクラウドサービス)を採用し、自社でコンテンツを作成できる仕組み』と『サーバの整理・統合』により年間数百万円の運用コストを削減しました。

S-Port Cloud C シリーズの活用効果は以下の通りです。

・誰でも簡単にページが作成できる(属人性の排除)
・Webサイトの運営コストの削減
・削減したコストで新たな投資を実現

さが美採用担当者の方から以下の言葉を頂いています。

「S-Port Cloud C シリーズを導入する以前は、設計が古く複雑なWebシステムであったためコンテンツの追加や変更に柔軟に対応することができず、またコンテンツの制作や更新も外部に委託していたため、運用効率とコスト面で課題がありました。この課題を解決し、Webサイトによる情報発信力の強化を図るため、CMSを活用したサイト運営を行う計画を立てました。CMS導入の効果としては、①Webコンテンツのメンテナンス負荷の軽減、②スピーディーかつタイムリーなコンテンツ更新による情報発信力の強化、③コンテンツの一部内製化による運用コストの削減、が狙いでした。いくつかのCMS製品を検討した結果、期待する導入効果に加え、多機能であることと、オプション機能など将来的なシステムの拡張性に富んでいる点を評価し、 S-Port Cloud C シリーズを採用しました。導入ベンダーは、 S-Port Cloud C シリーズの導入やアドオン開発だけでなくWebサーバの整理・統合も相談できるところが必要でしたので、自社でデータセンターを運営する鈴与シンワート社にお願いすることにしました。」

本事例の詳細は以下をご覧ください。
https://s-port.shinwart.com/case/kimono_ha_sagami/