大人のアプリ広場

著:吉田幸助氏

サボテンを四年ほど放置してしまった…『ポケットプランツ』第41回 20年05月更新

サボテン買って、四年ぐらい水あげなかったんですよ。

ちなみに私は前提として、サボテン知識はまるでありません。知ってることは『砂漠でも死なない』という点ぐらい。

そして砂漠で生きているワケだから、水をあげずとも、空気中の水分的なものを表面から吸収して、その吸収した水分は脅威のサボテンパワー的な何かで、体内に見事に蓄積し、その水分を糧に、何年でも何年でも生き延びるのではないかと!

ただ、実際それをやってみると、さすがにダメでしたね。四年目ぐらいでシンワリしちゃってました。そりゃそーだ。水の抜けた風船みたい。

とはいえ、それでもちゃんと緑色は維持され、死なず、腐らずだったのが、サボテンの凄いところだと思いますが。

ちなみにそのサボテンは100均で買ってきた小さい鉢に入ったかわいいサボテン。もともと小さいヤツなので、トゲ(棘)とかもトゲトゲしておらず、硬めのブラシぐらい。キュートなヤツでした。

そのような経緯で、その『かわいそうな小サボテン』に、四年ぶりの雨を降らせてやった(=水をあげた)のですが、それが凄いんですよ!その『失われた四年間』を一気に取り戻すが如く、たった数日でみるみるピチピチ!しぼんでシナシナになってた表皮は、一気に水分がいきわたり、もうプルプルというかピチピチというか。。表皮からは、生命力が迸るようでした。わずか数日でこの状態!!よっぽど腹を空かしてたんだなぁ・・

なんか本当にこの子に悪いことをしたなぁというか…。つくづく申し訳ないと思うと同時に、生命力を取り戻したこの子に『愛情』を感じ始めたのですが、ここで問題が生じました。

トゲ(棘)の “トゲトゲ感” も完全復活!

そりゃそうです!

そもそもこいつサボテンでした!砂漠のギャング(と今勝手に名付けましたが)トゲトゲなサボテン族の子供でした!

今まで水分がなくて、どことなく白びてフニューンとしてたトゲたちも、太さも復活しビンビン。色も黒黒として「刺すぜこの野郎!」感満載なサボテンになってしました。少々危ない。ちょっと置く場所とかも変えなきゃなぁ。。

★野生生物に『遠慮』や『奥ゆかしさ』等は無い

サボテンがもし仮に、「お水をありがとう!ただトゲは危ないよね。だから養分で満たすのは体本体だけにして、”トゲ” は今まで通りふにゃふにゃのままにしておくね!」…としてくれれば、何問題ありませんが、そんなの当然できません。だって植物だし。彼ら、遺伝情報に従って成長するだけ。

なんとなく今回の件は、腹を空かしてヨレヨレだった『野生動物』を哀れに感じた人間が、思わず餌付けしてしまった結果、数は増えるわ、農作物は荒らすわ、挙句の果てには人間も襲うわ等、制御不能に陥ってしまった社会問題を思い出しました。ニホンザルとかイノシシとかも、そんな状況だと思います。優しさから始めた筈のものが、どこかのタイミングから逆襲食らってしまうというか。。

もし彼らが遠慮や奥ゆかしさを知っていたら、こうはならない。

『ありがとう人間!僕らは十分数は復活したから、このくらいで遠慮するね!農作物とか食べちゃうのは、調子に乗りすぎだと思うから遠慮しておくよ!』的に行動制御してくれれば、こうはならない。

人間を襲うのも逆に駆除される切っ掛けを与えてしまうので、やめた方がいいと考え、行動制御してくれれば、問題にならない。

ただ、それは無理です。動物だから。

彼らは本能という遺伝子に組み込まれた内容に従って行動するだけ。その行動に良い/悪いの線引きしてるのは、結局、人間ですから。

とはいえ、仕方ない!ということで、人間が怪我したり苦労したりするのもおかしな話だと思うので、知恵ある我ら人類は、事前に対策できるなら、”何らかの手” を打つべきだと思います。

例えばペット(特に外来種)を飼うなら、そのペットが成長した後、飼育の継続が可能か否かを真剣に考える。(巨大化して飼えなくなるのは、よくある話)特殊な生餌が必要なら、その生餌が脱走してしまうリスクも考える。(ちなみに外来種をペットとして飼育することを認めてない国も多い)

野生動物に対しては、自分の行動がその後どのような結果を導くか考える。(野生動物に人間の食べ物を与えるのは、非常によろしくない)

自分の場合は、サボテンはトゲがあるということを深く考えてませんでした。つまり自分が悪い。

ただ、サボテンのトゲについては、単に置く場所を変えればいいだけなので、このまま末永く仲良くやっていこうと思います。

★『ポケットプランツ』の紹介

今回紹介するのは、当然ですが絶対トラブルが起きないめちゃくちゃ安全な飼育系アプリです!

まずは種を選びます。最初は「きいろのたね」からスタートです!

続いて植木鉢を選びます!

そして水をあげます!

大切なのは水です!お水はすべての源。水をあげないとサボテンですら干からびます!

やるべきことは『指先』マークが示してくれるので、ありがたいです!水のしずくをタップします。

ふわーっと上から柔らかい水が落ちてきます。きもちがほっこりしてきます!

雑草が生えてきたら、取り除いてあげます。あと、時々飛んでくる虫も捕まえてあげましょう!

かわいい生命がデビューしました!ちなみにこの小さい芽を指でタップすると、ふんわり揺れます。愛着が沸きます!

これからどんな植物に成長するか楽しみです!こんなお手軽に生命の素晴らしさを体感できるアプリ『ポケットプランツ』、おすすめです!!

 

 

最後に、このコラムを連載している鈴与シンワートのS-Portクラウドサービスはアプリ関連のサイトが多く使用しています。

採用される理由はコストと柔軟な個別対応、そして技術者と直接話せるところが評価されているようです。

興味がある方は以下をご覧ください。

https://s-port.shinwart.com/service/