S-Port活用コラム

著:吉政忠志氏

Google TEST MY SITEで「遅い」判定(ペナルティ)を取るためには第53回 19年07月更新

みなさん、こんにちは。鈴与シンワートでマーケティングアドバイザーをしている吉政(よしまさ)と申します。

Googleが求めるWebサイトに対する要件は年々厳しくなってきています。モバイル対応や表示速度についての要件も年々ハードルが上がってきています。
3年前にGoogle の表示速度測定ツールで高速の評価を受けていたサイトも、3年放置すると「遅い」評価になったりします。
TEST MY SITEは先日、リニューアルし、さらに表示速度に対する要件が高くなったので、多くのサイトが「遅い」評価(ペナルティ)を受けていると思います。
ペナルティを早めに外しておくと、検索順位が上がりやすいので、早めに対応した方がいいかと思います。

ちなみに新版のTEST MY SITEはかなり厳しく、CMSを使用しているサイトの大半は「遅い」判定を受けていると思います。こういう時はいろいろな意見が出るので面白いです。
例えば「TEST MY SITEは今バグってるので、落ち着いてから測定すれば大丈夫です。」や「TEST MY SITEでペナルティをとるのはまず無理なので、気にしないでいいです。」や「Googleは煽っているだけなので、気にしないでいいです。」などです。
はっきり申し上げますが、Googleの検索エンジンシェアが80%を超えている状況では、Googleのツールでペナルティを受けているだけでも問題だと思います。良いはずはないので、早々に改善した方がいいと考えています。

ちなみに弊社のWebサイトはPageSpeed Insightsで一番重いトップページでスコア95です。

 

とても高いスコアですが、TEST MY SITEで計測すると何故か「遅い」判定がでてしまいます。(本当に厳しいです)

 

「遅い」判定を取るには、あと0.3秒の短縮が必要です。ちなみに吉政創成のWebサイトは鈴与シンワート S-Portに超高速実行環境「KUSANAGI」+WordPressという超高速WordPressなのですが、それでもTEST MY SITEでは「遅い」判定が出てしまいます。

 

そういう方は是非「Autoptimise」というプラグインを試してみてください。これを使うと表示速度が高速化する可能性が高いです。
ただし、経験上、画面が崩れてしまったり、メニューが消えたりするので、試される際は深夜とか休日、またはテスト環境で試してみてください。WordPressに詳しくない方は制作会社に依頼されるのが安心です。

吉政創成のWebサイトに「Autoptimise」を導入した結果ですが、改善してペナルティはとれました。

 

それでもまだ、「平均」レベルなんですけどね。(笑)

 

「KUSANAGI」を導入していない方は是非、導入をご検討ください。
WordPressでもっとも高速化の効果が出るのは私の経験上から言っても「KUSANAGI」だと思います。さらに、高速クラウドである鈴与シンワートのクラウド「S-Port」に今回お話ししたのプラグイン「Autoptimise」を導入すれば、Googleのツールでペナルティを受ける可能性は少ないと思います。

今、WordPressを使用していて速度が遅いと思っている方は、まずは、「Autoptimise」を入れてみてください。それでも改善しない方は、是非、S-Port+KUSANAGI+リニューアルで対応してみてください。

興味がある方は以下をご覧ください。

 

S-Portのサービスは以下になります。
https://s-port.shinwart.com/service/cloud/type_v/

KUSANAGIは以下のページをご覧ください。
https://s-port.shinwart.com/service/eva/kusanagi/