2019年11月28日 [ プレスリリース ]

鈴与シンワート、ビジネスチャットサービス「TAGS」の導入事例公開

PRESS RELEASE
報道関係者各位

鈴与シンワート株式会社

鈴与シンワート、ビジネスチャットサービス「TAGS」の導入事例公開

朝日新聞グループ不動産事業の中核会社である「朝日ビルディング」が
BCP対策とビジネスコミュニケーション効率化のために
ビジネスチャット「TAGS」を全社導入

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長:德田 康行、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)は、朝日新聞グループ不動産事業の中核会社である株式会社 朝日ビルディング(代表取締役社長:宍道 学、本社所在地:大阪府大阪市、以下「朝日ビルディング」という)がBCP対策とビジネスコミュニケーションの効率化を実現するために、鈴与シンワートのビジネスチャットサービス「TAGS」を全社導入したことを発表しました。

■「TAGS」採用の背景

朝日ビルディングは創立より90年間にわたり、朝日新聞グループ不動産事業の中核会社として、大阪をはじめ全国各地で事業を推進し、近年は大阪・中之島や東京・銀座、札幌など全国各地で再開発事業に取り組んできた会社です。
BCP対策の災害時連絡手段としてPHSを管理職に配布していましたが、実際の災害時には緊急連絡手段として機能しなかったそうです。そこで、災害時の連絡手段としても活用でき、かつビジネスコミュニケーションの効率化が期待できる鈴与シンワートのビジネスチャット「TAGS」を採用しました。

 

■「TAGS」採用のポイント

鈴与シンワートが提供するビジネスチャットサービス「TAGS」の採用ポイントは以下3点となります。
・災害時でも平常時でも使いやすいシンプルなチャットであること
・ビジネス利用ができる高セキュリティのサービスであること
・運用コストが安いこと

■お客様のコメント(抜粋)

・株式会社 朝日ビルディング 経営管理部 システムセクションサブマネジャー 髙橋 泰洋氏
『「TAGS」を検証しているときに大型台風や北海道胆振東部地震が発生しました。その時にも災害対応通信手段として機能しました。チャットは送付したメッセージが既読になったかどうかで、安否確認にも使えますので便利です。「TAGS」の場合、さらに誰が既読で誰が未読かも一目でわかるので、大変助かります。既読機能は通常のビジネスシーンでも非常に有益です。』

■事例の詳細は以下のページをご覧ください。

https://s-port.shinwart.com/case/asahi

■ビジネスチャットサービス「TAGS」について

「TAGS」は、法人向けに特化した、3段階の暗号化の高セキュリティとAI/BOT連携で様々なシステムと【TAG】が組める、簡単便利安全なビジネスチャットサービスです。
「TAGS」詳細⇒https://s-port.shinwart.com/service/cloud/tags/

■鈴与シンワート株式会社について

鈴与シンワートは、鈴与グループ唯一の上場企業として大規模情報システムの開発、人事・給与・会計などの業務ソリューション及びアウトソーシングの提供、そしてデータセンター&クラウドサービスを展開しております。
https://www.shinwart.co.jp/

※本リリースに記載されている社名、サービス名、製品名、ロゴなどは、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

鈴与シンワート株式会社 サービステクノロジー事業部 営業担当
TEL:03-5445-2651
Mail:cld-sales@shinwart.co.jp