OpenStack海外動向コラム

著:野田貴子氏

OpenStack開発者メーリングリスト要約6月3日~16日第08回 17年07月更新

こんにちはー。野田貴子です。今回は開発者メーリングリストの要約版を送付します。
昨今、OpenStackの注目度が高まっており、OpenStack開発者メーリングリストやコラムをチェックしている人も多いと思います。
英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、月間のダイジェストとして日本語訳したものをお伝えすることにしました。

以下の意訳文をお読みいただき、興味があるもののみ英文の原文を読まれるとよいと思います。
興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

さて、今回は「OpenStack開発者メーリングリストの要約の6月3日~9日と6月10日~6月16日」の2本を要約をいたします。興味がある方はご覧ください。

OpenStack開発者メーリングリスト要約6月3日~9日(一部抜粋)

・SuccessBotより

・fungi 1: OpenStackジェネラル・メーリングリスト・アーカイブがLaunchpad(2010年7月~2013年7月)から
lists.openstack.orgの現在のジェネラル・アーカイブにインポートされました。

・andreaf 2: Tempest sshバリデーションがmasterのゲートのデフォルトで実行されます。

・Cレポート23

・Chris Dentがすでに素晴らしい要約を行っています。26.

・プロジェクト・チーム・ギャザリング(コロラド州デンバー)
9月11日~15日

・内容:2回目のプロジェクト・チーム・ギャザリング
・日付:9月11日~15日
・場所:ルネッサンス・デンバー・ステープルトン・ホテル 27
・スケジュール:
  ・期間:9月11日~15日、月曜から金曜まで5日間のPTG
  ・プロジェクト内チーム作業:火曜日
  ・単一プロジェクト・ミーティング:水曜日~金曜日
・3日間すべてに出席しないチームもありますので、旅行の予約を取る前にPTLを確認してください。
・検討中のスケジュールはこちら28
・OpenStack Foundationが一泊149米ドルに割引された部屋をいくつか確保しました。
 これらの部屋は早い者勝ちで8月20日までこちら27で取得できます。
・ビザが必要な方はこちら29を確認してください。
・招待状のリクエストはこちら30で申請できますので、2017年8月25日金曜日までに受け取ってください。
・トラベル・サポート・プログラムの第一ラウンドは7月2日に始まります。今すぐ申し込む方はこちら31
・全スレッド: 32

[1] – http://eavesdrop.openstack.org/irclogs/%23openstack-infra/%23openstack-infra.2017-05-26.log.html
[2] – http://eavesdrop.openstack.org/irclogs/%23openstack-qa/%23openstack-qa.2017-05-28.log.html
[26] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/117950.html
[27] – http://www.marriott.com/meeting-event-hotels/group-corporate-travel/groupCorp.mi?resLinkData=the%20OpenStack%20Project%20Teams%20Gathering%5Edensa%60fntfnta%60149.00%60USD%60false%604%609/7/17%609/19/17%608/20/17&app=resvlink&stop_mobi=yes
[28] – https://docs.google.com/spreadsheets/d/1xmOdT6uZ5XqViActr5sBOaz_mEgjKSCY7NEWcAEcT-A/edit?usp=sharing
[29] – http://travel.state.gov/content/visas/en/general/visa-wizard.html
[30] – https://openstackfoundation.formstack.com/forms/visa_form_denver_ptg
[31] – https://openstackfoundation.formstack.com/forms/travelsupportptg_denver
[32] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/118002.html

 

###

 

 

OpenStack開発者メーリングリスト要約6月10日~16日

・まとめ

・Chris Dent によるTCレポート24 1
・ThierryによるR-10週とR-9週(6月16日~30日)のリリースカウントダウン 2
・ThierryによるTC ステータスの更新 3

・Fuelをホストプロジェクトにする

・FuelはMirantisを元にしたOpenStackインストーラです。
・公式なOpenStackプロジェクトとして2015年11月に承認されました。プロジェクトの目的は、みんなで一つの総括的な
 OpenStackインストーラを作ることです。
・MitakaとNewtonではNovaより多くのコミットが行われています。
Fuelチームはオープンコラボレーションを受け入れていますが、他の企業を惹き付けることができませんでした。
・2016年10月以降Fuelの活動はメインスポンサーから落ちました。
  ・2016年から2017年にかけて68%減少しました。
  ・3ヶ月間プロジェクトのミーティングが行われていません。
  ・月に最大990コミット(2016年4月、8月)だったものが、2017年4月には52コミット、2017年5月には
   25コミットまで活動が減少しています。
・全スレッド: 4

「big tent」という用語から離れる

・去る2014年、我々の統合リリースは実際には統合されていませんでした。全ての人がインストールするには大きすぎ、
 別の種類の「オープンインフラ」への関心の高まりに対応するには小さすぎました。
・インキュベーション・プロセスによりcatch-22が作成されました。
・プロジェクトの構造改革 4 の議論はより単純なモデルに変わりました。プロジェクトチームはその成熟度ではなく、
 OpenStackの全体的な使命とコミュニティの原則に対してどれほどの成果を挙げているかによって承認されるようになりました。
・Nickが big tent を命名しました。 5
・我々が今取り組んでいるさまざまなイベントやメッセージが混ざり合い、主に混乱を招く結果になってしまいしまいました。
・これは、TC opensack-tc チャンネル 6 のTCオフィスアワー中に議論されました。
・公式プロジェクトと非公式プロジェクトをどのように区別するかについてはまだ決定していません。このスレッドへのフィードバックを
 元にして、TC、UC、BoardのサブグループがOpenStackとのコミュニケーションを改善する予定です。
・全スレッド: 7

[1] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/118314.html
[2] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/118476.html
[3] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/118480.html
[4] – https://governance.openstack.org/tc/resolutions/20141202-project-structure-reform-spec.html
[5] – http://inaugust.com/posts/big-tent.html
[6] – http://eavesdrop.openstack.org/irclogs/%23openstack-tc/%23openstack-tc.2017-06-15.log.html#t2017-06-15T13:00:53
[7] – http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2017-June/thread.html#118368

※本コラムは以下のブログを意訳したものです。
引用元
https://www.openstack.org/blog/2017/06/openstack-developer-mailing-list-digest-20170609/

https://www.openstack.org/blog/2017/06/openstack-developer-mailing-list-digest-20170616/

※本コラムは原文執筆者が公式に発表しているものでなく、翻訳者が独自に意訳しているものです。