レポート:オープンインフラの世界:OpenStack Foundationの最新情報第33回 19年09月更新

こんにちはー。野田貴子です。今月も海外のOpenStackコラムを意訳してご紹介します。ご参考いただければ幸いです。

#

Airshipの選挙にご注目

Airshipチームはテクニカルコミッティーの初選挙を完了しました。

選出された5人のメンバーは次のとおりです。

- James Gu(SUSE)
- Alexander Hughes(Accenture)
- Jan-Erik Mångs(Ericsson)
- Alexey Odinokov(Mirantis)
- Ryan van Wyk(AT&T)

Airshipに2ある管理機関の1つであるテクニカルコミッティーは、Airshipプロジェクトが基本原則を遵守し、標準化を促進し、プロジェクトのバージョン管理とリリースプロセスを決定し計画することを保証する責任があります。6つの企業から6人のリーダーが候補となったことは、2018年の初頭にAirshipプロジェクトが開始されて以来の成長を反映しています。

新しいテクニカルコミッティーのみなさん、おめでとうございます。また参加したすべての人に感謝します。コミュニティによって選出された役員によるガバナンスは、Four Opensの基盤の1つであり、Airshipの成熟における大きな前進となりました。テクニカルコミッティーは第一回目の会議を計画しており、近いうちにスケジュールと議題をAirshipのメーリングリストにて公開します。

テクニカルコミッティーは、Airshipコミュニティにある2つの管理機関の1つです。その選挙が終わり、次はワーキングコミッティーの選挙に目が向けられています。ワーキングコミッティーはプロジェクト戦略を導き、単一プロジェクトのコアレビューア間またはAirshipプロジェクト間で不一致がある場合の仲裁を支援し、プロジェクトのコア原則を定義し、マーケティングとコミュニケーションを支援し、製品管理とエコシステムを支援します。

Airshipのテクニカルコミッティーのノミネートは現在、7月30日の19:00 UTCまで受け付けていまました。過去12か月以内にAirshipプロジェクトに貢献した人は誰でもワーキングコミッティーに参加して投票する資格があります。

Airshipがインフラのデプロイとライフサイクルを管理する方法の詳細については、Webサイトにアクセスしてください。ほかには、Airship in a Bottleを使用したり、週1回のミーティングに参加したり、開発]に参加したりして、開始方法について学んでみましょう。

オープンインフラサミット上海とプロジェクトチームギャザリング(PTG)

OpenStack Foundationプロジェクトニュース

OpenStack

- 7月25日は、Trainリリースの開発における2番目のマイルストーンです。機能の開発は、10月16日に予定されている最終リリースに備えて完了しつつあります。

- 2019年のOpenStackユーザーアンケートは8月22日まで受け付けています。OpenStackを実行している方は、選択したデプロイ方法とフィードバックを共有してください。

StarlingX

- 新しいStarlingXのメインWikiページで、現在の活動、ツール、プロセス、コミュニティへの参加方法に関する最新情報を確認してください。

- StarlingXグループとOSF Edge Computingグループは、さまざまなエッジユースケースに合わせて最小限のリファレンスアーキテクチャをテストするために協力しています。コミュニティメンバーはPacket.comから寄付されたハードウェア上に分散制御アーキテクチャを備えたStarlingXをデプロイしています。デプロイ構成の外観や、コンポーネントが実行されている場所などについてはStarlingX Wikiを参照してください。

今後のオープンインフラコミュニティイベント

September

- 24~26日 OpenStack Day DOST - ドイツのベルリン
- 24~26日 Ansible Fest Atlanta - ジョージア州
        - Zuulブース
- 26-27 OpenCompute Regional Summit - オランダのアムステルダム
        - OSFブース B23番

October

- 2日 OpenInfra Day Italy - ミラノ
- 2~3日 OpenInfra Days Nordic

- 3日 OpenInfra Day Italy

**November**

- 18~21日 KubeCon+CloudNativeCon - カリフォルニア州サンディエゴ
        - ヒルトンベイフロントホテルにて、11月18日月曜日にOSFレセプションあり
        - OSFブース

## 質問、フィードバック、貢献

このニュースレターはOpenStack Foundationのスタッフが編集し、オープンインフラのコミュニティを紹介しています。みなさんからの連絡をお待ちしています!
共有したいフィードバックやニュース、出来事がある場合は、community@openstack.orgから私たちに連絡をお願いします。ニュースレターを受け取りたい方はこちらでサインアップしてください。

※本コラムは以下の文章を意訳したものです。

引用元 
https://superuser.openstack.org/articles/osf-newsletter-july-25/

※本コラムは原文執筆者が公式に発表しているものでなく、翻訳者が独自に意訳しているものです。