クラウド採用メリット考察

著:佐々木晶子氏

ビジネスチャットの統合利用第08回 18年02月更新

佐々木晶子です。第08回は「ビジネスチャットの統合利用」というタイトルで書きます。

前回も書きましたが私はマーケティングコンサルタントを複数の会社でお世話になっていることもあり、多くの会社の社内ビジネスチャットに参加しています。

ビジネスチャットが便利で普及していることは以下に記載している通りです。

https://s-port.shinwart.com/tech-column/sasaki07/

しかし一方でチャットが普及すればするほど、新たな問題があります。

それはソフトウェアの競合です。

いや、競合というほど大げさなものではないのです。動作は全てのチャットで問題ないのですが、アラートがちゃんと上がらなくなるという現象が起こっています。

ちなみに私がインストールしているチャットは以下の通りです。

SLAC
Microsoft Teams
Cisco Sparc
chatwork
Facebookメッセンジャー
LINE
Skye

この7つをWindows8上にインストールしているのですが、Facebookメッセンジャー、LINE、Skype以外はまともにアラートが上がりません。

PCのアラートがダメならスマホで行こう!ということでスマホでやってみても、どうもアラートがちゃんと動かないのです。特に問題なのはSLACとchatworkです。単体で使っている分には問題ないのですが、複数を一台の端末に入れるとアラートが動かない現象が出ています。これは私だけなのかもしれませんが、Windows8とiOSに限った問題なのかもしれません。でも、きっと他にもそういう問題を抱えている方がいるはず!

ちなみにTwitterであればTweetDeckという統合クライアントとが出てました。これは複数のTweetアカウントを管理するのにとても便利なソフトでした。

電子メールは1個自分が好きな電子メールアカウントがあれば事足ります。

チャットにも同じようなものが必要だなって思っていたところ、鈴与シンワートのビジネスチャット「スクラム」でできそうじゃないですか!?

スクラムはAPI/BOT連携ができるので、もしかしたら他のビジネスチャットとも連携できるかもしれませんね。実際には相互に検証を進めないと難しいとは思いますが、スクラムはAPI/BOT連携ができるので、Webサイトと連携してユーザからの質問に自動回答したり、Webや業務システム連携でより業務を効率化することができます。

チャットをもっと有効活用したいと思われる方は是非以下のページもご覧ください。

鈴与シンワート ビジネスチャット「スクラム」
https://s-port.shinwart.com/service/